理事長・院長からのメッセージ

  • ホーム
  • 理事長・院長からのメッセージ
  • 理事長からのメッセージ

    地方独立行政法人
     長崎市立病院機構 理事長 兼 院長

    兼松 隆之

     医師になっての初めの2年間はとても大事な時期です。そこで習得した知識や技術はその後の医師人生の礎となるでしょう。それだからこそ、大事に過ごさねばならないのです。

     長崎みなとメディカルセンターでは、初期臨床研修に力を入れます。研修医の方々の意見に耳を傾けながら、気持ちよく学べる環境を提供していきます。平成29年1月には新病院が全てが完成しました。ハード面だけではなく、教育のソフト面でも新しい試みを行います。

     当院では現在、院内を挙げてER型の救命救急センターの整備を行っています。臨床医学の基礎であるプライマリーケアを学ぶのに最適の場となるはずです。また、初期臨床研修に引き続き、その後の後期臨床研修(専門医教育)も一貫して行います。各領域で専門医や指導医が指導にあたり、臨床力のアップを支援します。

     若い皆さんが世界に向かってはばたかれるよう、心から望んでいます。

    ページのトップへ